Flights lover

飛行機&海外旅行中毒なBBA(ババア)でーす。空&陸マイラー。

快適! JAL国内線(J-Air)エンブラエル190

先日、ヤボ用で函館に行ったんですよ。
いやー、北の大地は涼しくてカラッとしてていいね~~。
海鮮と好物のピロシキを堪能しましたわ。
函館のピロシキは、本場ロシアと同じく焼きピロシキ
BBAの住む関西では神戸のピロシキが有名ですが、基本的に揚げピロシキなのよね、関西のは。
最近揚げ物が胃にもたれるBBA、久しくピロシキは食べてなかったのですが、函館のはあっさりしていたので毎日食べましたよ、ピロシキ
どんだけ好きやねん! ロシア人か! と同行者に突っ込まれたわー。

それはさておき、函館往復はもちろんマイレージの特典航空券で。
日本国内線なら、情報強者の皆様ご存知「BA(ブリティッシュエアウェイズ)のマイルでJAL国内線(J-Air)発券」がやはりコスパ最強ですね。
今回の伊丹↔函館往復で9000マイル。
初夏は北海道はシーズンなんで、ANAマイルだと往復15000マイル、JALマイルでもおそらく同じ(すんまそん、JALマイルはメンバーちゃうんで知らん)。
が、BAはJAL国内線発券にはブラックアウト日も設定してないし、BAマイルはフランスのECサイトのセールで安く買えるし~~。

そんでもって、伊丹↔函館線は2017年秋からエンブラエル社の190という機種が投入されていて、私も今回初めて乗ったのですが。。。この機種、めちゃイイ!!!
なにがイイって、あーた、天井が高くて圧迫感がなく、シートが本革張りで座り心地もラク~~なのよ~~。
腰痛、関節炎持ちのBBAにも優しい座席。
BBAになるとさ~、コスパもさながら快適度最優先。
Jクラスはシート幅がゆったりとしていて、更に快適そうでしたが、エコノミーでも充分快適です。
なんつーか、もう詳しくはこれ見てよ。

https://m.youtube.com/watch?v=EynDEHQ6P-c#


以上、JALの回し者BBAでした。

ちなみに調べてみたら、エンブラエルはブラジルの航空機メーカーでした。
カナダのボンバルディア社を抜いて、ボーイングエアバスに次ぐ世界第3位の航空機メーカーだってさ。
やるな、ブラジル。。。

滑り込みアジアマイルでフィンランド航空ヘルシンキ往復ビジネス発券

宣言どおり、やっちゃいましたよ。
アジアマイルでフィンランド航空ヘルシンキ往復ビジネス発券。
ホントはJALのビジネスが良かったが、アジアマイルのウェブ上で発券できないのよね~、JALは。
BBAになると、人生の残り時間をカウントしちゃってさ、まさにタイムイズマニ~な思考になるんですわ~。
よって、発券も即決なのがよろし。
申請書書いて送って返事待ってなんて、気が遠くなる~~。
そんなBBAも、若かりし頃は「大阪発シンガポール&ダーラン(サウジアラビア)経由イスタンブール行き」とか、「香港発東京&ロサンゼルス経由サンディエゴ行き」とか、今じゃ絶対無理!! な長時間エコノミーな旅をしてましたわ(遠い目。。。)。

それはともかく、とりあえず必要マイル数が増える前日に滑り込み発券、セーフ。
発券したのは来年の旅程です。
来年の3月下旬にヘルシンキ行って、6月上旬にヘルシンキから日本に帰国予定。
フィンランドは以前既に回ってお腹いっぱいなので、ヘルシンキに行き帰り一泊ずつするだけ。
物価高いしね、北欧は。
ムーミンもサンタランドもスタイリッシュ北欧インテリアもなし!
旅行のメインは、7年ぶりに乗るフィンランド航空、バルト3国とロシアのサンクトペテルブルクでイケメン探し旅、残りは古巣のロンドンで旅行資金回収のためのバイトだす(笑)。

それにしても、アジアマイル、税金分高かったわ! 今回の発券でアジアマイルはゼロになったので、今後はキャセイに乗ってもアラスカ航空アカウントにマイル加算します。
だってアジアマイル、ウェブも使いにくいしヨーロッパ線の特典旅行に必要なマイルも増えたし。
さよなら~、アジアマイル。
あなたより太っ腹な新しい彼・アラスカ君に乗り換えます(笑)。
アラスカ航空のマイルをためて、またJALビジネスクラスアジア変態旅程を発券するのさ♪
次はアジア最西のインドのデリー行きかしら~~。

欧州線エコノミーは大韓航空が最強

私は年に一~二回、ロンドンへ帰るのですが(ロンドン、もはや第二の故郷~)、ここ数年は主に大韓航空を使っています。
理由は、

①仁川ーロンドン線は機内食にビビンバ搭載
②欧州線は座席ピッチがエコノミーでも広め

だから。

完全に個人的嗜好な①はともかく、BBA的には②が超重要やねん!

座席ピッチは、Google flightのフライト検索でフライト選んで詳細クリックすると、数値が出てくるよん。

Google flightによると、欧州線エコノミーの座席ピッチは、大韓航空の仁川↔ロンドン線か仁川↔フランクフルト線の84センチ(B787A380投入の場合)。
同じく韓国系のアシアナ航空仁川↔ロンドン線A330投入で84センチ、キャセイパシフィック航空の香港↔ロンドン・ガトウィック線B777投入で81センチが、いいライバルかな。

日系も欧州系もアジア系も中東系も、サービスは良いかも知らんが、座席ピッチは74~79センチでイマイチ。
12時間のフライトで、5~10センチの差は大きいのです、特にBBAには!

緑茶を頼んだのに何故か玄米茶を持ってきたり、機内食は何かという質問に答えられなかったり、乗り継ぎ時間を知らないと答えたりと、CAの英語力というか基本的能力が「はぁ!? 」な大韓航空ですが、まぁそれはご愛嬌。
ビビンバが食べられて、84センチの座席ピッチなら許すわ。(ビビンバは現在仁川↔ロンドン線のみに搭載です。フランクフルト線はなし。念のため)

最近、大韓航空公式ウェブサイトで安い航空券は出てこなくなりましたが、AMEXを持っている人は、AMEXトラベルオンラインサービスで結構リーズナブルな航空券が買えるのでお薦めでーす。
でも、コードシェア便の場合は、提携運航航空会社の機材&標準座席ピッチになってしまう可能性ありなので、運航が大韓航空機材便であることを確認してね!

ワタクシは、この夏も大韓航空航空エコノミーでロンドンに帰りますです。
通路側席で態度XLでビビンバ食べてるBBAを見かけたら、気軽にお声がけを♪

キャセイのアジアマイル改悪前にヘルシンキへ急がねば!

注) アジアマイルの特典航空券の必要マイル数は、2018年6月22日に既に変更されました。


5/24(金)に、キャセイパシフィックのマイル部門であるアジアマイルから、マイルの規定変更のメールが来ましたわ。

簡単に言うと、短距離&オセアニア路線のエコノミーは改善、中遠距離エコノミーとビジネス・ファーストは改悪。

ワタクシが数年前から狙っている、アジアマイルのスイートスポット「8万マイルでフィンランド航空かJALビジネスクラスに乗ってヘルシンキ往復」も、必要マイルが増えてしまいます!

新規定は6/22以降の発券からとのこと。
はい、もうやっちゃいますよ、ヘルシンキ往復ビジネス発券。

気候的に行くなら7月か8月が良いのだが、6/21までに発券できるのは約一年先までの日程。
若干肌寒い時期ではありますが、まあ夏至前で日も長いしね、来年6月はヘルシンキに行くわ。
ついでにバルト3国とサンクトペテルブルグ行ってくるわ~。
保有マイルは8万マイルに足りないが、アジアマイルは必要マイルの70%を保有していれば足りない分は購入可能。
ワタクシの場合、ざっと見積もって不足分マイル購入は3万円くらい。
税金と燃料費で3万円近く取られ、計6万円ほどの出費ですが、まあ6万円でビジネスクラスに乗ってフィンランド往復できたらお得よね~~。

というわけで、アジアマイル56000マイル以上保有している人は、改悪前にフィンランド航空かJALビジネスクラスヘルシンキへ急げ♪

ピーチアビエーション、芸が細かいわ!

ピーチアビエーション、通称ピーチ。
関西空港を本拠地とする日本のLCC航空会社。
ショッキングピンクと白のコントラストが嫌でも目立つ、ザ・関西な機体。
巨大倉庫のようなLCC専用関西空港第2ターミナルの主で、基本沖止め、搭乗ゲートから延々と飛行機まで徒歩移動させる健康推進コンセプト。
チェックインカウンターはなく機械のみ、地方空港ではチェックイン開始時刻までその機械は電源が入れられていないという徹底的したコストダウン姿勢。

そのピーチに乗って、先日台湾に行って来ましたわ。
いや、安かったんでね、ついフラフラと海外逃亡。
BBAなんでLCCで3時間以上のフライトは無理! なワタクシですが、台湾は時間的にギリギリ耐えられる。
で、台湾珍道中はまた別の機会に書くとして、何が言いたかったかというと、「ピーチ、さりげなく芸が細かいやん!」ですわ。
機内アナウンスの最後が「ほんまおおきに」なのは周知の事実ですが、今回初めて機内トイレを使用して気づきました、これに。


f:id:guapicimo:20180522225944p:plain



「禁煙」ではなく「吸ったらあかん!」。
ザ・関西な会社や。。。

エーゲ航空のマイル会員登録で敬称選択肢がなく悩む

アラスカ航空マイルに次ぐ、日本ーアジア間のビジネスクラスをお得に発券できるマイレージプログラム、それはエーゲ航空
はい、情報強者の皆様なら当然ご存じですね。
え、知らんの!? 即、登録しなはれ~~。 

登録はココ。(英語のみ)
https://en.aegeanair.com/milesandbonus/member/enroll/
今なら登録だけで1000マイルもらえるよん♪

エーゲ航空ギリシャの航空会社です。
日本には就航してません。
ヨーロッパの大きな都市とギリシャ国内線がメイン路線。
よって、「アテネパルテノン神殿見に行きたいわ」という世界史オタクか「この夏はミコノス島かサントリーニ島でバカンス❤」という妄想患者もといセレブくらいですかね、この航空会社の飛行機に乗りそうなのは。
あ、アテネなら別にエーゲ航空じゃなくても、中東か欧州経由で行けるわ。

それはさておき、マイナーなエーゲ航空ですが、密かにスターアライアンスどす。
で、スタアラ特典チャートを見れば、アジア間片道がなんとエコノミー12500マイル、ビジネス21000マイル ! (2018年5月現在)
あーた、同じくスタアラのANAの約半分のマイルで乗れるんですよ。
改悪される前に、さっさと登録! SPG-AMEXのポイント交換でさっさと乗る!

ワタクシも登録しましたが、その際にちょっと悩む項目があったので、情報共有など。
あ、ちなみにこの項目は未婚女性限定なので、既婚女性や男性には影響ないので、読み飛ばして下さってよろし。
その項目とは。。。


f:id:guapicimo:20180522231244p:plain


敬称の選択肢が「Mr」か「Mrs」のみ。

いや、男性はいいよ、「Mr」一択だし。
しかし女性は? 「Mrs(夫人)」しか選択肢がないってどうなの!? ギリシャだからマッチョ文化の反映か?
と、にわか文化人類学者ぶってみたところでどうしようもなく、分かんないから聞いてみよ~。
サイトのお問い合わせフォームから質問してみたら、翌日メールが来ましたわ。


ギリシャ語で。

解読不能な文字の羅列メールに一瞬焦りますが、メールの下~の方に英訳文がありますのでご心配なく。→誰に言ってんの、私?!

「メンバー登録についてはここを見てね」とQ&Aのリンクがついてましたが、いや、私が知りたいのは登録方法じゃなくて。。。
「Q&A見ても分かんなかったらメールしてね」と書いてあることだし、早速返信。
「女性の敬称がMrsしかないけど、未婚女性はどうしたらいいの!? 教えて!!」
翌日、またメールが来ましたわ。


「メンバー登録についてはここを見てね」とQ&Aのリンクがついた同じ文面で。



いや、だから私が知りたいのは登録方法じゃなく。。。
さては、キーワード選定の自動返信メール設定しとるな。。。

さて、BBAはめげずに食い下がる生き物です。
またまた質問返信。
「メールありがとう。でも、Q&Aには答えがないねん! 女性の敬称がMrsしかないけど、未婚女性はどうしたらいいの!? 教えて!! 至急!!」
食い下がるどころか、要求上がってます。
すごいね~、BBAは。世界最強の生き物です。
そんでもって翌日、今度は自動返信ではなくちゃんと人間からメール来たよん。



「とりあえずMrs選んで、Maritus status (婚姻状況) の項目でSingle選んどけ」




エーゲ航空、ゆる~。

アラスカ航空マイルでJAL特典航空券をオンライン発券できない件

先日、アラスカ航空マイルでJALビジネスクラスの変態旅程を発券しましたが、その際にちょっとしたエラーがありましたので、情報共有と対策(?)など。

つーか、結論から言うと「オンライン発券できなくてアメリカのカスタマーセンターに電話して解決」ですけど。

そもそもJAL発券は、アラスカ航空マイルのウェブサイトからオンラインでできることになっているのですが、先日私が試みたところ、途中でエラーになりましたわ。

旅程選択

カートに追加

チェックアウト(清算)

はい、ここでまずアウト。
「初めてマイルを使う人は有効化の連絡を」との赤字エラーメッセージ。
Skypeアメリカのカスタマーセンターに電話。
メンバーシップ番号を入力しろと音声メッセージが流れるも、入力途中早々に「認識できませーん」と言われ、オペレーターに回される。
「どうしました~?」とフレンドリーなオペレーターのアンジェラちゃん。
エラーメッセージの説明をすると、「あー、はいはい、メンバーシップ番号と誕生日教えて」と個人情報で本人確認後すぐ有効にしてくれましたわ。

ありがとー、と電話を切って、カートに入った変態旅程を呼び出して搭乗者情報を入力、「次へ」をクリックすると、はい、またエラー。
「赤字でハイライトされた箇所に正しい情報を入力せよ」とのこと。
よく見ると、折りたたまれた箇所に「Citizenship」と「Residence」項目があり、選択必須な模様。両方とも「USA」「Canada」「Mexico 」「Other 」しか選択肢がないので「Other」を選択、「次へ」をクリックすると、はい、また同じエラー。
「赤字でハイライトされた箇所に正しい情報を入力せよ」
いや、もう間違い箇所ありませんけど? 

あれやこれや試みましたが、どうしてもこのエラーで先へ進めないので、諦めてまたアメリカのカスタマーセンターに電話。
今回は陽気なマーカス君。
状況説明すると、オペレーターのマーカス君は私のアカウントページに入って確認。
「ホントだ、先に進めない」
「でしょ。何で?」
「分からん。しょうがないからアドミン権限で君の予約、こっちでやったるわ」
マーカス君の台詞が何故か関西弁変換なのはおいといて、変態旅程と搭乗者情報、クレジットカード情報(税金等の決裁用)を伝え、無事に発券してもらえました。
アラスカ航空サーチャージを取らないので、クアラルンプール→成田→バンコク→関西→バンコクとビジネスで飛んで、80米ドルほど。

ちなみに、発券してもらう時の会話やり取りから、以下のことが分かったので共有しときますだ。

・今回のようにシステム的エラーの場合、電話発券手数料は免除

・郵便番号は3桁目と4桁目の間にハイフン必須

・出発地或いは到着地にOsakaと入れるとデフォルトで伊丹空港が入ってしまうが画面には「Osaka」としか出ないのでそのまま検索に進みがち。伊丹空港で検索してしまうと大体「フライトが見つかりません」とエラーが出る。
関西空港のコード「KIX」を入力して検索するのが確実。

それにしても、アメリカ英語は聞き取れん。
何度聞き返したことか。
わたしゃえーこくに長々と住んでいたので、イギリス英語に慣れてんのよ。
鼻につくクイーンズイングリッシュしか聞き取れんししゃべれんのよ。
しかし、アラスカ航空のカスタマーセンターは親切です。
何度聞き返しても根気よく対応してれますので、英語にビビらずにトライして下され。